C 0からわかる介護

Wednesday, April 22, 2009

ニーズが高まる訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護は、社会の高齢化に対応するために2000年に施行された介護保険法に基づいて行なわれるサービスで、ホームヘルプサービスなどとも呼ばれています。


介護福祉士やホームヘルパー等が要介護者・要支援者のいる家庭を訪問して、身体介護や入浴・排せつ・食事等の家事援助を行なうもので、高齢化社会の進行に伴ってますます需要が高まってきているのが現状です。  深夜 アルバイトの需要もたかいです。


訪問介護員となるには、訪問介護員養成研修の課程を修了し、介護保険法施行令の中で定められた資格を取得する必要があります。 ネイルスクール 通信講座で資格をとるのと同じ要領です。

Monday, June 23, 2008

介護について

介護というのは、寝たきりの高齢者や病人、障害者など、日常生活に支障がある人の自立のために、食事・排泄などの身の回りの世話や介抱をすることです。


介護という言葉は1970~1980年代によく使われるようになり、さらに、社会の高齢化にともなって2000年に施行された介護保険法により、高齢者の在宅サービスや保険制度が社会に浸透してきました。

最近では、介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー(介護支援専門員)等の専門職も注目を浴びています。


介護保険法で給付されるサービスには、訪問介護やデイサービスなどの在宅サービスと、特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設でのサービスがあります。

介護サービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があり、その段階によって要介護度も区分されています。

【PR】トレイダーズ証券

Saturday, October 28, 2006

介護とは?

介護とは、日常生活に支障のある高齢者や病人、障害者等の、生活上の世話・支援をすることです。

介護福祉士や、ケアワーカー、ケアマネージャー(介護支援専門員)ホームヘルパー等も、最近注目の職業・資格として、耳にすることも多くなりました。

介護保健法で定められたサービスには、訪問介護やデイ-サービスなどの在宅サービスと、特別養護老人ホームやデイ-ケア-センターなどの福祉施設でのサービスの2つがあります。

また、介護される側である要介護者は、介護保険法に基づいた介護サービスを受けるために、要介護度5~1、要支援といった段階に分けられています。
これにより介護保険の適応レベルがかわってきます。

昨今では高齢化社会や核家族化・少子化が進んだため、日本の介護観も大きく変化しており、家族の負担の問題も浮かび上がってきています。

Sunday, October 22, 2006

test

test